車

中古車買取で不要な自動車をお金に替えよう

中古車流通の仕組みを知る

車の模型

価格はこうして決まる

中古車の流通は新車が売れることが発端として始まり、新車が売れなければ中古車は存在しません。これは中古市場そのものに言えることで、流通量の多い車は人気や商品価値が高い現れです。新車として登録された車はその後中古車流通に回り、個々に異なる価格が付きます。走行距離や年式、グレード別に価格が異なり、販売業者はオークションや下取、買取などの手段で販売車を仕入れします。仕入れに対して適正な利益を上乗せして販売されますが、買取価格は流通相場を考慮した上で程度を加味して検討されます。買取り価格が高くなるか安くなるかは買取店との交渉により決まるでしょう。中古車買取の相場や流通の仕組みを知れば交渉がしやすいでしょう。

市場原理で価格が変動する

中古車買取が増え、市場流通が活況になると相場は変動します。相場が上がれば買取価格は高くなり、下がれば低くなるという単純な仕組みですが、相場を上げる要素が売り手側にあることを知らない人は多いです。複数の業者に見積もりを依頼した場合、個々に異なる価格を出してくるはずです。もちろん、高値を付けた業者に売るのですが、業者ごとにこまめな交渉を行えば中古車買取価格を上昇させることは可能です。互いの業者が車両獲得を狙い、業者間のプライドをかけた中古車買取が行われます。最終的に高値を付けた業者に売却するのですが、その交渉で価格が上がることが新たな相場を作るのです。相場は業者が作るのではなく売る人の行動が変化させることを忘れてはいけません。